「C」M1アストレイ(シュライク)P演算の増加値検証:ガンコン

公開日: 

「C」M1アストレイ(シュライク)P演算の増加値検証

100
最近イベントガシャで見かけるのがM1アストレイ(シュライク)です。
この機体はC機体ながらP演算力支援【周囲】というスキルを持っています。

1002
この演算増加量はどの程度のものかざっくりと試してみました。

1001
スキルはSRランバ・ラルグフに移植して検証です。この機体は演算力が高いので増加量も結構増えるのではと思い移植しました。

周囲に配置したのは先日オークションで購入したSRフリーダムガンダムです。
以前の記事フリーダムガンダム購入

SRフリーダムガンダム

100f1
検証時の初期演算力は143+14になります。

100f2
隣にグフをおいてみると143+61になりました。

配置前 143+14=157
配置後 143+61=204

グフを配置するだけで+47になりました。
パイロットは乗せていません。またスキルは未覚醒でSLVは1ですので、覚醒してSLVを上げればまだまだ上昇しそうです(予算の都合でできませんが・・・)


強化攻撃【機動力】

このフリーダムガンダムは強化攻撃【機動力】Ⅰ+を取得しておりますが、このスキルの発動率は演算力に依存します。
今回、演算力が増加したのでスキルの発動率もアップします。

1010
検証時の初期値は69%です。

グフを配置すると81%になりました。
パイロットにHRアイナで95%になります。

100aaaa
さらにサポートの「バスク・オム」を配置すると・・・
バスクは演算値増加効果があります。

100bbbb
98%になりました!

もう少しSLVを上げたりすれば100%を超えそうです。
今後もいろいろ試して見ようと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. かつ より:

    なるほど、オクで結構な値段が付いてるのも納得です!

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP ↑