パイロット「ケリィ・レズナー」詳細:機動戦士ガンダム

パイロット「ケリィ・レズナー」詳細

登場作品:機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY

■人物について

OVA版第6話「フォン・ブラウンの戦士」に登場。

元ジオン公国軍宇宙攻撃軍所属のモビルスーツパイロットで、当時の階級は大尉。左腕を失っており、この負傷が原因でモビルスーツの搭乗資格を剥奪されたらしい。一年戦争後は月面都市フォン・ブラウン市でジャンク屋として生計を立てていた。

アナベル・ガトーの戦友であり、ガトーからのビデオメッセージの内容から、固い信頼関係で結ばれていることが窺える。ニナ・パープルトンとも面識がある。

一年戦争時のケリィを描いた作品はいくつかあり、漫画『機動戦士ガンダム0083 星屑の英雄』ではジャイアント・バズを2丁装備したリック・ドムで出撃し、アムロ・レイのガンダムに左腕を落とされている。一方、漫画『いけ!いけ!ぼくらのVガンダム!!』に収載されている『ソロモンの悪夢』では、搭乗したビグロごとソーラ・システムに焼かれ負傷する様子が描かれている。また、ゲーム『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』では、ケリィ自身がアムロに撃退される場面があり、こちらの搭乗機もビグロである。



■劇中での活躍

劇中では、月面上の都市、フォン・ブラウン市の歓楽街でチンピラに絡まれ裏路地に倒れていたコウ・ウラキを、自宅に運びこんで以後、コウと暫し同居生活を送る。倉庫に眠っていたヴァル・ヴァロに興味を寄せたコウと共に、その修繕作業を行う。その間シーマ・ガラハウと接触し、星の屑作戦への参加意志を表明する。ガトーからもビデオメッセージで星の屑作戦への参加を要請されている。

しかしシーマの目当てがヴァル・ヴァロのみで、自分は放り出すつもりと知ったケリィは激怒。フォン・ブラウン市街への攻撃を脅迫材料に、アルビオン搭載のガンダムへ勝負を挑む。ケリィのヴァル・ヴァロは、コウの駆るガンダム試作1号機フルバーニアンに善戦するも、詰めを誤って撃墜される。コウに脱出を促されたが、脱出装置は最初から積み込んでおらず、結局は乗機と運命を共にしたことから、始めから戦って死ぬつもりだった模様。その際、ヴァル・ヴァロが掴んでいたガンダム試作1号機フルバーニアンの下半身ブロックを、自機の巻きぞえにさせないためか爆発直前に放出している。

劇場版『機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光』にも登場するが、前述の決闘がカットされ、ただの街のジャンク屋という端役で終わっている。

漫画『機動戦士ガンダム0083 星屑の英雄』では月に潜伏中のガトーを匿っていた。ガトーにヴァル・ヴァロの存在を仄めかすものの、星の屑作戦には参加しない。終盤に月でガトーの死を感じ「十分に生きたよな」と彼に弔いの言葉を掛けた。

漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』ではヴァル・ヴァロ修繕までが、ほぼ原作に踏襲しているが。連邦艦隊の観艦式急襲にも参戦しておりガトーの任務遂行を支援のためギレス隊とともに残りヴァル・ヴァロでコウと足止めの為にコウのフルバーニアンと交戦するも月でのヴァル・ヴァロ修繕作業をコウ自身が関わっていたためビームサーベルによる精密攻撃によって機能停止に追い込まれ捕虜となったがその経緯でコウからフォン・ブラウン市へのコロニー落としの情報を知りショックを受ける。 その後に捕虜移送のために連れ出されるもガトーの襲撃の混乱の中に脱走するも彼だけは残り成り行きでオーキスに搭乗し混戦のさなかノイエ・ジールに駆るガトーと遭遇、通信でガトーにその事を問いそれが真実とわかれば「例えジオンの再興のためだとしてもそれだけは俺が必ず阻止をする」と言を投げかけた。



■搭乗機


MA-06 ヴァル・ヴァロ

 

関連作品:0083 スターダストメモリー

機動戦士ガンダム0083 REBELLION(リベリオン)

 

ガンダム各作品の主人公リスト
歴代ガンダムの主人公をまとめてみました。

機動戦士ガンダムの歴史年表
ガンダムの歴史の年表です。宇宙世紀からアナザーガンダムまで。




TOPへ戻る

PAGE TOP ↑